メニュー

なぜ医師はバイトをするのか!?切実な事情があります

経験を積むためにバイトを行う

医師のうち一定割合の人は、開業医を目指しています。大学病院では全ての症例が均等に回ってくるわけではなく、珍しい症例や学会でも注目されている難病については、一部の教授や講師により独占されているので勉強にならない実態があります。医師が別の病院でバイトをする際には、夕方や夜間診療を受け持つことにより、珍しい症例に出会える機会を増やして開業医となるまでの経験を積むために行われています。夜間診療の医師が充実した働きっぷりを見て驚かされる人もいるでしょう。

社会貢献をするためというケースもあります

救命救急は夕勤や夜勤が不足していると言われています。救命救急専門の医師もいますが、毎日では身体が保たないので普段は勤務医として働き、週1回など少ない回数だけ救命救急医としてバイトをしている人もいます。社会貢献活動の一環として行っている人も増えており、夜間診療を支えている現状があります。ある程度経験年数を積んだ際には、スポット医師バイトへ挑戦する人も出てくることから、特定分野の医師不足を補う役割を果たしています。

開業資金を貯めるため

医師がバイトを行う理由の中で最も多いのが、開業資金を貯めるという理由です。とりわけスポット対応勤務が可能な医師は、通常のバイト医師の数倍の金額を受け取れることがあり、実力がある医師からは人気のバイトとなっています。医師も人間ゆえに体調不良を起こすことがあり、救命救急や小児科医は特に緊急性が高いので、欠員を当日埋める必要が出てくることが珍しくありません。スポット医師に支えられている医療現場が全国にあるので、開業医の資金を貯める方法として報酬の高さから注目されています。

医師のバイトで多いのは医療機関などで非常勤医師として勤務する事です。大きな副収入を得ることができる他、スキルアップを目的とする事が多いようです。