メニュー

保育士として働きたい!上手に働き場所を探しましょう

保育士とはどのような仕事でしょう

保育士は、両親が働きに行っている間、子どもを預かる人のことを言います。資格がなくても働くことができるところはありますが、短大や大学、または通信教育などで保育士の資格を取っていることが望ましいです。子どもの親も安心して我が子を預けることができるからです。だいたい日中の時間、子どもにすると両親よりも長いの時間を保育士と共に過ごすことになります。それぞれ子どもにも個性があるので、子どもにあった保育士を見つけることが成長のためになります。

保育士の働き方とはどのようなものでしょう

保育士は基本的に両親が働いている間、つまり日中の間の子どもの面倒を見るので、8時くらいから18時くらいまでで交代勤務となることが多いです。しかし、場合によっては朝早く出かけなくてはいけないから早朝保育を頼みたい、残業でどうしてめ迎えに行くのが夜になってしまうから延長保育を頼みたい、などと思っている人もいるでしょう。そのような時に臨機応変に対応できるように早朝保育、延長保育をしている保育園もあります。子どもと働く親のためより良い環境を作るのが保育園、保育士です。

保育士の求人はどこで見つけましょう

保育士とはして働きたい。その意思が固まったら保育士の求人を探して見ましょう。ハローワークに行ったり求人雑誌やインターネットなどでの保育士求人のページはあります。また、そのような場所に求人が出ていなくても、直接保育園などに聞いてみると、求人している場合もあります。それらの中から自分の条件にあったところ、通勤しやすいところなどを見比べて選んでみましょう。また、実際にコンタクトを取ってみるとのような雰囲気のところなのか、ということが分借りますし、見学をさせてもらえるなら積極的に出かけて園の様子を見るのも良いでしょう。

東京は日本で1番人口が多く、待機児童も他県に比べて圧倒的に多い地域です。保育士の求人なら東京でやれば、保育士確保の可能性がより高くなります。