メニュー

良い専属運転手を上手く選んで契約を結ぼう

プロドラバ―の仕事内容

プロドライバーは車両の運転業務を、企業や公的機関のトップや顧問職の立場の人を対象にスケジュールに沿って丸1日その予定に合わせて行動を取ります。余裕を持って起床をして朝のお迎えをするために、所定の場所に車両を付けて待機をします。周りの様子を確認しながら危険やアクシデントがないか配慮しながら、乗り降りする時にドアサービスも徹底しながら行います。夜の送り迎えの時も、滑らかな運航を行い、自宅に到着したら車両を所定の場所に付けてドアを開けます。

専属運転士の選び方は

専属運転士の選び方は、運転中は運転士と2人きりになるためコミュニケーション能力があるかを見極める事です。仕事と仕事の間の移動の時間なので、気の利く運転士ならタイミング良く話しかけてもらえます。これにより仕事脳になっている頭を、切り替える事が出来ます。話が上手なだけではなく、相手の話も聞ける人が良いです。時間厳守の意識があるか、当然のことだが確認しておききます。急に休んだり遅刻をしたりするのは、論外になるので選ぶ時には気を付ける事です。

専属運転士の契約の結び方

専属運転士の契約の結び方は、問い合わせをして打ち合わせを都合の良い日に行います。打ち合わせでは、利用用途や頻度・乗車する人の情報・車種などを聞きます。運航計画が決まったない時は、最適なプランの立案をしてもらえます。条件と予算に合った見積もりをして、請負契約書締結と自動車任意保険の特約の加入を行います。年間で契約を行う場合は、運転手と契約前に面接を行います。これで業務が開始出来て、通常は4日後に業務の開始になります。

専属運転手のメリットは、同じ運転の仕事でも、宅配ドライバーよりは給料や待遇が良いという点が一番のメリットです。