メニュー

成長する介護分野で働いてもらうために手当てすべきこと

介護分野への転職者が多い

最近では介護施設の建設ラッシュになっていて、そこで働く求人も多くなっています。高齢化が加速しているためそれだけ施設の需要も高まっているためですが、それまで介護分野はそれほど注目されている分野ではなかったために、そこで従事する人材が元々いなかったために人材不足の状態になっています。そのため高齢化が進むことで介護分野の発展が見込まれる成長業界ということで転職して介護の仕事に携わる人も多く出てきています。

現場の仕事は心身共に大変な仕事

しかし慣れない業務であり、認知症のご高齢者もいたりと、心身共に疲弊する業務であるために長続きんしない人も多くいます。しかし現場を数年経験してステップアップする人もいたり、現場の仕事でのスペシャリストを目指したりと、スキルアップの方向性はいくつも選択肢があり、やりがいがある仕事です。しかし新聞のニュースにも掲載されることも多い分野であり、そこで働く人には相当なストレスがかかっていることがわかります。

仕事内容に見合った報酬を支払える仕組み

一般企業でもストレスを感じながら働くことは一般的ですが、それの対価として報酬があります。それにより多少はストレスを相殺できる部分があります。ところが介護分野は公共性の高い仕事で報酬の財源も限られており報酬も限られています。語弊があるかもしれませんが、あまり多くの報酬が得られないということでストレスを抱えたまま仕事をし続けて、それを弱い者に対する暴力といった形で現れているとも考えられています。大変な仕事にはそれに見合った報酬を提供できるような仕組み作りが早急に必要になっています。

介護の求人を東京で募集することで、介護の経験が豊富な人材を集めやすいことや、募集期間が短くて済むこと等のメリットがあります。

詳しくはこちら
介護の求人の足立区はこちらから